業者に車を売却するときの心得として

「買取りや下取りだとどうしても安いため、ヤフオクで車を売ろうと思っています。 で...」 より引用

買取りや下取りだとどうしても安いため、ヤフオクで車を売ろうと思っています。 でも素人のためなかなか出品まで踏み出せませを。素人がヤフオクに車を出品する際の注意点や必ずやらなければい けない事を教えていただけると助かります。 また、ヤフオクで代行で車を出品してくれる業者などもいるか気になります。…(続きを読む)

引用元:Yahoo知恵袋 http://rdsig.yahoo.co.jp/rss/l/knowledge/search/RV=1/RU=aHR0cHM6Ly9kZXRhaWwuY2hpZWJ1a3Vyby55YWhvby5jby5qcC9xYS9xdWVzdGlvbl9kZXRhaWwvcTExMTUzNTQ0OTk2


業者に車を売却するときの心得として、あとでトラブルにならないためにもけして疎かにしてはいけない点があります。
そんなことぐらいと思われるかもしれませんが、契約書によく目を通して内容を把握することです。
細かい文字まで読まないという人も多いですが、契約書というものは本人が署名押印していれば読んで了承したことになり、法的にも有効です。
営業マンの口やくそくと契約書の内容に差異はないか、特に金銭面での記載についてはしっかり目を通す必要があります。
大まかな文章だけでなく細かい補足条件なども目を通してから契約書を交わすようにしましょう。
自動車を売り払った後になって、買取業者から瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)を盾にして買取金を下げられたり、契約解除などを通達してくる事があるのです。
万が一事故や故障などで修理した履歴があるのに隠していたのならば売る方が責任を取るのが普通ですが、中古自動車査定士が傷などを見落としていたことによるものならば自分が非難される筋合いはないでしょう。
納得できない所以で買取額の減額や契約解除を迫ってくるときには、消費生活センターなどに行って、いざこざが起きている旨を相談してみるときっと良い方に解決するはずです。
買取店から出されたコレまでの車査定金額に自分が納得できなかったときには、売るのを止めても構わないのです。
色々な会社に鑑定を依頼して比較検討してできるだけ高く買い取ってくれるところで売買契約を行なう方がより良い選択ですね。
しかし、取引契約を締結してからの売却をキャンセルすることは難しいか、キャンセル可能でも賠償金が発生する場合がほとんどです。
詳細は取り引きの際の契約書に明記されていますから、契約するときはどんな時でも全文に目を通すクセを付けた方がいいでしょう。
車売却の方法には、先ずは街中で良く見かける買取専門店に出すこと、ディーラーに下取りして貰う方法、自ら自動車オークションに出してしまう方法も存在します。
オークションに出そうとするときには、車体の内外の画像や状態を説明する文章をできるだけハッキリと分かりやすく掲載することが後々トラブルが起こらないようにするためには重要なことです。
それと、画像だけでなく契約が成立する前にじっさいの車を見て貰うことが望ましいです。
これら以外で自分が重要だと感じたことは、書面にしたためてサインや印鑑を押してもらって、二人が持っているようにすればいいでしょう。